伊勢丹で山のホテルおせち その2

昨年は結婚した妹が旦那さんを連れてお正月に帰省したので、それに合わせて「箱根芦ノ湖畔 山のホテル」の和洋中三段重を伊勢丹オンラインで注文しました。以前は注文をしようとしたところ、すでに完売していたこともあり、受注開始と同時に注文して購入することができました。

あとで知ったのですが、大変人気の高いのおせちだったそうで早めに注文して正解でした。

お値段も高いだけあって、木製の重箱に彩りよくたくさんのお料理が並んでいました。1段目は「和」のおめでたいお正月らしい、おせちの王道の紅白のかまぼこや、いくら醤油漬け、花れんこん、黒豆などなど。2段目は「洋」のお料理がいっぱい。紅ズワイ蟹のテリーヌや帆立貝のスモーク、ローストビーフに肉のパテなどボリュームのある品揃えでした。3段目は「中」の中華料理。チャーシューの他はクラゲや砂肝ピリ辛和え、ザーサイな副菜的なメニューでした。

お味は全体的に薄めに整えられており、上品な印象でした。家族は「もう少し味が濃い方がいい」という者もおりましたが、私としては素材の味がいかされた良い味付けだと感じました。

「和・洋・中」としても、「おせち・主菜・副菜」としてもバランスが良く考えられていたと思います。和食・中華などに偏ったおせちですと、食べきる前に飽きてしまうこともありましたが、今回はお料理も豊富だったので完食することができました。全体的なボリュームは大人5人で食べても充分でした。ただし、老父母を含んでのことですので、育ち盛りのお子さんがいるご家庭では足りないこともあるかもしれません。

以前は母がおせちを作っていましたが、年をとり一人で料理するのが難しくなってきました。費用は高めですが、準備の手間なくおいしいお料理で新年が迎えることができたのでおせちを購入できて満足しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です