月別アーカイブ: 2014年10月

関東のおせちの特徴

おせちと言うのは地域や家庭によって大きな差があります。
特に地域による違いは文化により違いに影響されているためか、非常に興味深いものが多くあります。
そこで今回は関東のおせちにフォーカスを当ててお話させていただこうと思います。

関東のおせちの基本は田作り、数の子、黒豆の3つが祝い肴とされています。
田作りというのはイワシを醤油で味付けしたものです。
これは田畑の豊作の願いを込めて食べられるようです。
数の子は子孫の繁栄を願って食べられます。
黒豆は魔除けの意味が込められているそうです。

また、関東のおせちは一度調理した具材を使う場合が多いようですが、関西だと逆に素材をそのままで使う場合が多いようです。

これが関東における基本のおせちの具材のようです。
各地域や各家庭ではこれらに加えて様々なものが入れられるようです。
おせちを食べるのであれば、その食材がもつ意味を考えて食べるのが本来の姿ですので、ぜひそのようなことを考えて食べていただきたいと思います。

東京にある老舗料亭や日本料理店の中にはおせちを取り扱っているところもあります。
東京吉兆やなだ万などは、聞いたことがある人も多いでしょう。

普通であれば、なかなか行くことができないような高級料亭。しかも、お正月にこれらのお店でおせち料理を戴こうと思えば、普段通っていない私などは、予約さえもできないでしょう。

でも、オンラインのおせち宅配予約を利用すれば、これら高級料亭のおせちを、あなたのご自宅で食べることができます。

東京吉兆やなだ万などだけでなく、青柳、新ばし 金田中、つきぢ田村などの料亭も、おせち料理の予約販売をしていますので、見逃せません。でも、これらのおせちはとても人気ですので、早めに予約を済ませないと、数量限定のために予約できないケースもありますので、ご注意下さい。

また、老舗料亭ではありませんが、笠原シェフで有名な料理店の賛否両論は、その実店舗での人気だけでなく、おせちもかなりの人気となっています。